2016年4月24日 (日)

[熊本地震] 被災しました / 悪夢

 
cherry

 熊本市東区に住んでいるので、2016熊本地震に思い切り被災しました。幸い、アパートは頑丈で建物の倒壊などはなかったのですが、停電と断水、ガスの停止にはほとほと参りました。

 とくに断水! 顔は洗えない髪も洗えない、何よりトイレが流せない! TVニュースでは「ダメだ」と言われていたそうですが、××××のたまったトイレに行きたくなくて、水も食べ物もほとんど摂らずに3日過ごしました。「お水は一日3口まで!」

 今(16/04/24 (日)……最初の地震(前震)から10日 )はすっかり余震も少なくなって、近所のお店もぼちぼち開き出し、普通の生活が戻ってきた感があります。東日本大震災と違って津波がなかったのが復興が早い理由かな。それでも、県下最大のデパートはまだ閉まっているし、いちばん近い『ゆめタウン』は建物一部損壊のため再開のめどが立っていません。

 それはそうと、猫を一匹飼っています。ペット可アパート。本震の時には「どうやって猫を連れて逃げようか?」と必死で悩みました。今でも枕元には、猫バスケット、トイレシート、予備のエサなどが用意してあります。

 昨日、悪夢を見ました。(以下、あくまで夢です。本気の情報と間違えないでくださいねっ)……いきなりスマホから『地震です。地震です。震度7の揺れが来ます。建物の外に避難してください』とブザーとともに大きな声が。

 (夢です)「たいへん! 逃げなきゃ! ジョイ(猫の名前)! おいで! バスケットに入って逃げるよ!」 でも、いつも私の身体にくっついて眠っているジョイが見当たらない。「ジョイ! どこ!」 揺れがドン、とくる。アパートがミシッときしむ。「ジョイ、早く来て!」 天井が落ちる。停電で真っ暗になる。「ジョイー」 ……暗転。(以上、夢でした)

 目が覚めた時、「……夢か。」と独り言をいってしまいました。そんなセリフ、漫画かアニメみたい、と自分ツッコミをしながら。ジョイはお腹にくっついて眠っていました。「ジョイ」と呼びかけると『何? ぼく眠い』みたいなボケた顔でこっちを見てくれました。

 ジョイ、いてくれてありがとう。生きていてくれてありがとう。

 ついでに、家族も全員無事です。といっても熊本にいるのは高齢の両親だけですけど。(それなのに、なぜヒッキーの私が別居しているかというと……秘密です☆ (『☆』とか使う42歳)

cherry
 

2016年4月23日 (土)

[不器用] 生活の知恵(?)冷凍庫の霜取りをしました

cherry

cherry

 ひとり暮らしの私の部屋には、贅沢にも、普通の冷凍冷蔵庫以外に、もうひとつ小型の冷凍専用機があります。ふつう、こういうのは料理をたくさんストックする人や、釣りが趣味でお魚を冷凍して取っておきたい人などが使うようですが……私が使う目的はただひとつ、アイスノンを冷やすことです。

 以前、38℃近くの熱が入院治療するまで下がらなかった『成人スティル病』にかかって以来、強迫観念……というか。アイスノンがないと眠れない身体になってしまいました。2015~2016の冬も、一日も欠かさずアイスノン枕で眠りましたとさ。『熱スッキリアイスノン』にフェイスタオルを巻いて使っているのですが、冷気による湿気で、通気性のいい枕を下に敷いても、ベッドパッドがしょっちゅう、ぽつぽつカビてしまうのが悩みです。

 最近、冷凍庫のドアのくっつき(パッキング材で『ぴたん』と閉じる感覚)が悪いな……と思っていたら、ある日、冷凍庫が閉じなくなりました。どんなに「ばたん!」と閉めても、薄く隙間があいている。

 「何か引っかかっているのかな?」と庫内をしみじみ見わたすと、本体側のドアの側に謎のでっぱりが。それがつっかえて、ドアが閉じない。でっぱりは白くて、霜と氷でザリザリしています。しかし家事にうとく、生まれてこのかた『冷凍庫の霜取り』をしたことのない私は、「このでっぱりは最初からあったのかな? 何かの機械の一部かな。まあ、霜で大きくなっているからすこし霜をけずろう」と単純に考えて、薄い金属の爪やすり(爪切りの裏に付いているのではなく、小型ナイフみたいなもの)のザラザラ部分でさっさっと霜を落としてみました。しばらく削ってからドアを閉めてみると、ぴたんと閉まったので「これでよし」と安心していました。

 けれど、昨日からまた冷凍庫のドアがうっすらと開くように……。きっちり凍ったアイスノンが好きなのにヤワヤワな冷え方しかしないし、第一、電気がもったいないし。はじめて『霜取り』という単語が頭に浮かびました。

 Google検索……『霜取り』……

 いろいろなサイトを見て検討したところ、絶対に外せないのは『コンセントを抜くこと』『中身をぜんぶ取り出すこと』でした。両方いやだ~。中身を出すのはまあ、冷たいアイスノンがぬるくなりそうで。問題はコンセント。

 このアパートに引っ越してきた時、小型冷凍庫のコンセントは「これは、もう次に引っ越すまで抜くことはあるまい」と、ロフトに上がる階段の下、しかも収納家具の裏のデッドスペースに挿しこんだ。しかたなく、懐かしすぎる『倉庫番』ゲームのように家具や積み荷を押したり押したりして(『倉庫番』ゲームは引く操作ができない)やっとコンセントを抜きました。曇ってるのに汗をかいた。

 サイトのメモ書きを見ると次は……「取り出した中身の品をバスタオル、新聞紙などにくるみます。温度が上がると水分がでて置いている床がびしょびしょになります。同じように冷凍庫本体の下にも新聞紙、バスタオルを敷いてください」 え……。

 うちは新聞はとっていないし(ちなみにテレビもありません。PCにチューナーを繋いでいないので、TVも観ません)、バスタオルは1枚しか持っていません。しかもそれは今、洗濯中でした。

 しばし考え、熊本市指定の丈夫~なごみ袋にぽいぽいっとアイスノンたちを放り込みました。こうすれば濡れても床やベッドには被害は及ぶまい。

 メモ書きの次の項目は、「バケツ、または洗面器を用意しましょう。霜や氷がたくさん取れるので、容器に入れないと水びたしになります」 え……。バケツ持ってないし、お風呂はシャワーしか浴びないので洗面器も持ってない。

 しばし考え、熊本市指定の丈夫~なごみ袋(特小容量タイプ)を持ってくる。なんて使えるヤツなんでしょう、市指定のごみ袋。

 アドバイス通り、冷凍庫のドアを開け放ち、20分ほど待ちました。「タオル、またはプラスチック製のヘラで、庫内を傷つけないように霜を落としていきます」……ここでドライヤーやお湯を使って霜のとけるのを早める方法もサイトにはありましたが、霜取り初心者(上級者はいるのだろうか)としてはオーソドックスにタオルとヘラでごしごしと。

 バラバラと霜……というより氷の塊が冷凍庫の中と床に散らばります。それをせっせと指定ごみ袋(特小)へ移して、更にこすって……の繰り返し。その時でした。

 ドアを閉じるのを邪魔していたあの白い塊……何かの機械なんだろうと思ってそっと霜を削っただけで放置していたカタマリが『ゴトッ』と落ちました。大きさはこぶしより大きいくらい。これ、霜だったんです。

 その後も順調に氷を取り除き、庫内をタオルでよく拭いて水分をとります。次の手順は……「次に霜がついた時に取れやすいように、庫内にサラダオイルを塗ります」 え……。料理しないからサラダオイル持ってない。(だめ40代)オイルオイル……化粧用のベビーオイルでいいですか? とりあえずそれを塗りました。

 また『倉庫番』しながらコンセントをつなぎ、庫内の冷気設定を最強にして30分、空っぽのまま運転。そしていよいよ愛しの(?)アイスノンたちを庫内に戻しました。新聞紙でくるんでいなかったけど、全然ぬるくなっていなかったです。

 ここまでの工程で2時間半、でした。「順調にやれば1時間でできます」との甘い(?)言葉にのって始めた作業でしたが、予定外に時間がかかったとはいえ、何だか楽しい作業でした。あとは床の水滴を拭き取り、バケツならぬごみ袋(特小)にたまった水と氷をお風呂場にすてて……。

 初めての霜取り、なぜか代用品ばかり使いながらやり遂げました。さまざまなサイトに書いてあったことは、「霜取りは定期的にぜったいしなくてはいけない作業。慣れて楽しみながらできるようにしよう」ということ。面倒くさがりの私も、一度こなせたから、次はもう少し手際よくできそうな気がします。
 
 
cherry


cherry

2016年3月 4日 (金)

[2ちゃんねる] 『嫌いな801』スレッドと菊丸英二

 今どき、こんなことを言うのも古いかもしれないけど、2ちゃんねらーです。声優関係板と文学関係板、エロゲ関係板、そして801板を読んでいます。

 801板でいつもチェックしているのは、『本気で萎えた!』スレッドと『嫌いな801』スレッド。前者は本当に笑えて面白い。『嫌い』スレッドの方は……趣味が悪いかもしれないけれど、読んでいると今のBL界の流行のようなものが見えるので、興味深く読んでいます。

 流行に関係なく嫌われるBLキャラクターというのは、いわゆる「きゃるるん系」というか、ぶりっ子な受けです。『CCさくら』のさくらちゃんのように、「ほえ?」とか「うにゃー」とか言う。可愛く首をかしげる。特に、二次創作で、原作でそういうキャラクターじゃないのに「きゃるるん」化されるのはとても非難を浴びています。

 ときに、私の好きな『テニスの王子様』キャラは菊丸英二なんですが……そして彼は「受け」だと思っているのですが……菊ちゃんは比較的原作でも「ぶりっ子」なところがあるので、「きゃるるん」化しても、あまりキャラ崩壊しないのが気に入っています。

 ぬいぐるみを抱いていても大丈夫! (公式でクマのぬいぐるみを大事にしてるし)兄・姉に溺愛されていても大丈夫! 彼氏(?)の家に行ったとき、手作り料理を振る舞っても大丈夫! 語尾に「にゃ」をつけても(まあ)大丈夫!他のキャラに抱きついて甘えても大丈夫! いきなりピンクの子猫になっても大丈夫!(アニメ版『青学一家』)

 こんなにぶりっ子してても、「だって、公式でそうだから」と言い張れるキャラクターはそういないと思ってます。えーと、菊丸攻めの方と、彼はノーマル主義の方はごめんなさい、読み飛ばしてください。

 ところで、いま流行っている『嫌われる801』は「オメガバース」「セクピスパロ」「アンチ王道」かな? 実はどれもちゃんと読んだことがないので、批判を読んでも「???」な感じです。うーん、好きキャラの二次創作以外、BLは読まないから。

 テニプリにはまって以来、ずーっと流行りのジャンルから遠ざかっているのが、ちょっと寂しい今日このごろです。普段エロゲばっかりプレイしているから、なかなか男性キャラがいっぱいいるジャンルまで手が回りません。『テニスの王子様』サイトなんて、サーチをたどってみても『ジャンル替えしました』『更新停止しました』『今までありがとうございました。閉鎖します』『404』ばっかりで……。

2016年2月29日 (月)

花粉症:あれ? あれ?

 とにかく鼻がむずむずして、目がかゆい、乾く。身体が痛かゆくて、だるい。早く何とかしたくて、近所の耳鼻いんこう科に行きました。鼻水の検査では、軽いアレルギー反応があるとのこと。

 でも、私の主な症状は「食べ物を食べた時のかゆみ」なので、血液検査をして、何がアレルゲンになっているのか調べていただくことにしました。ずらっと並んだ食べ物の表の中から、「全部検査すると大変なお金になるので、13種類選んでください」と言われ、主食(米・麦)、お肉(牛・豚)、気になっている果物(りんご・苺)などを選びました。それにスギ花粉・ハウスダスト・ダニを加えて、検査結果は一日で出るということでした。

 次の日、検査結果を取りにいくと……。何と、全く反応無し。気にしていた食べ物も、スギ花粉やハウスダストもまったくOKでした。安心した、というか、拍子抜けした、というか。

 もちろん、検査までして大丈夫だったことは嬉しいですが、ならばあのジュースや白米を食べて全身かゆくなったりだるくなったりした確かな症状は何だったのだろう?と狐につままれた思いで帰宅しました。

 母に、電話で「検査結果はオール陰性だった」と伝えたところ、次の日に医師の父から電話がありました。

 「精神科の薬を減らしていく過程で、身体に変調を起こす人がいる。最近お薬を減らさなかったか」と聞かれ……「リフレックスを止めた」と伝えると、「それだ」と。「リフレックスには抗ヒスタミン作用があるから、止めるとアレルギー様の症状が急に出ることがある。こんど精神科に行ったら、一日半錠でいいから、もう一度出してもらいなさい」とアドバイスされました。

 「まったく、耳鼻科に行く前にお父さんに相談してくれればよかったものを。無駄な検査なんてして、お金を取られるばかりだ」と叱られてがっくり。でも、父の知識とアドバイスがなければ未だに原因不明のアレルギー症状に「???」となっていたところなので、ありがたく言葉は受け止めました。

 というわけで、家にはまだ飲んでいないリフレックスが少し残っていたので、半錠ずつ飲んでいます。目のかゆみや身体のだるさは多少治まった気がするけど……今度はリフレックスの副作用で眠い……。


2016年2月24日 (水)

『Charlotte』全話観ての感想

 最終話までのネタバレがあります。

 麻枝准さんファンなので、がんばって観ました。バンダイチャンネルで。1話300円以上とお値段は張りましたが、その価値のある作品だったと思います。

 Key史上最高にゲスな主人公、とウェブに書かれている由宇。彼の成長物語。最終話の彼は成長し過ぎでもはや偉人レベルです。仲間たちのために、好きな女の子に受け入れられるために、世界中の不幸な、あるいは不幸になる可能性がある少年少女たちのために。自分がボロボロになっても頑張りつづける姿に、こちらは涙ぼろぼろでした。

 Wikipediaを読むと、由宇のキャラクターは『夜神月』『ルルーシュ・ランペルージ』を意識した、とありますが、「月には、友利たちのような真っ当にかまってくれる友だちがいなかったんだなあ」と、ふと気の毒に思いました。弥海砂ちゃんじゃちょっと救いにならないし。

 印象に残っている回は、第七話『逃避行の果てに』。月並みで恐縮だけど、あの麻薬に手を出しそうになった由宇の手元を思い切り蹴り上げる友利……ずっと逃避行を見守っていてくれた彼女。第12話の由宇の告白のとき、「何で恋されたのか分からない」という友利ですが、第七話の見守りだけで充分惚れます。

 あとは、美砂が実家のお蕎麦屋さんで柚咲と人格交代して、「月並みな蕎麦だけど、家族の味だから美味しい」と両親に伝えるところ。美砂が涙を流すのに合わせて、泣きながら見ていました。

 大抵の方が感想で書かれているように、後半ちょっと急ぎ足だったのは否めません。隼翼と熊耳の絆があまり描かれていなかったので、熊耳が命を落としたときの隼翼の心の痛みが少し唐突に感じたり、隼翼たちの施設での4人のキャラクターを覚える間もなく最終話まで行ってしまったり。

 ただ、2クールあれば良かったか、というとそうでもないかも。もし24話くらいあったら、最初の学園ギャグ乗りのエピソードが延々続いて、視聴者が飽きる可能性があった気がします。

 最後にツッコミ。世界中の能力者の能力を奪う旅に出る前に、生徒会の仲間の能力を最初に奪っていく由宇ですが、『真っ直ぐに猛スピードで移動する』『美砂を召喚する』……って、厳しい旅に使えない能力です。『一人の視界から消える』も使いどころの難しい能力……。


2016年2月23日 (火)

はじめての花粉症対策

 42歳にして、いきなり花粉症になってしまいました。年齢を重ねてから発症することもあると聞いてはいましたが……。がっくりです。

 でも、心のどこかでは予感があったかもしれません。今まで、医師の父から『病気のデパート』とからかわれて来た人生だから。白血病とか、突発性難聴とか、成人スティル病とか、色々病気にかかってきました。病院に何度入院したことか。だから、花粉症になっても、「あー、また行かなければならないお医者さんが1か所増えたな」という感じです。

 とりあえず、外出したり、飼い猫のトイレ掃除をしたりすると、鼻がむずむずするし、目が痛くなるので、花粉(今の時期だとスギ花粉?)や、ハウスダストに弱いみたい。でも、食べ物でも激しいアレルギー症状が出るので(果物とか、ジュースなど)、ちゃんとアレルギー科でパッチテストをしてもらわないといけないと思います。

 今日はドラッグストアで、マスク・床掃除用ウェットシート・花粉をコートなどから払うブラシ・目薬など、今できる対策グッズを買いました。あとは、近所の耳鼻いんこう科・皮膚科のサイトをチェックしました。どの病院にしようかな。

 今までも、乳製品・コーヒー・紅茶や緑茶などの茶葉製品は飲むとだるくなるので、飲まずにいたのですが、果物ジュースもダメとなると……レストランで頼むドリンクが無い。今日はマックに行った時、スプライトがメニューにあったので「これだ!」と頼みました。

 眼鏡も使っているので、マスクもすると何だか怪しい人です……。


2016年2月22日 (月)

『AQUA』奈々璃ルート:クリア

 奈々璃ルートと千紗ルートのネタバレあります。




 最初は、普通にロリータ担当のヒロインと思っていた奈々璃。でも、その小さな身体の理由は、本当に重いものでした。放射能事故と、その治療の副作用。そして脳に埋め込まれた謎のチップ。

 奈々璃が時々意識を失い、その間に本人も自覚できない行動を取る。『わたし こわい』と主人公の颯太につたないメールを送ってきた時は、颯太に感情移入して、「奈々璃を守らなきゃ!」と強く思いました。

 結果的に奈々璃は千夏さんに操られていたわけですが、千夏さんは「千紗のためだった」という謎の言葉を残して、皆の前から消えてしまいました。ここは、奈々璃ルートのラストまで行っても解明されません。千紗ルートのラストでも、事故に遭ったはずの千紗が無事、という謎は明かされなかったので、これは3人のヒロインのルートをクリアした後の真相ルートに期待、というところでしょうか。

 それにしても腹が立ったのは、奈々璃をいじめるクラスメイト。学校の裏掲示板で奈々璃の陰口を言うスレッドを立てたり、聞こえよがしに「売春してたりして」「あんな汚れた身体、抱くやついないよ~」と言ったり。奈々璃の詳しい事情は誰も知らないとしても、特に性格も悪くない、貧乏ながらも健気に生きている子を、そこまでいじめることができるかな……。

 脳のチップを取り出す手術をした後の奈々璃は、いったん7年前以降の全ての記憶を失います。何ごとにも怯え、仲間の皆に「どうしてそんなに優しくしてくれるの?」と尋ね、「お母さんと会いたい」と繰り返す、身体も心も小さい奈々璃。ここで感動したのは、なずな先生と智恵さんの存在。なずな先生は、奈々璃のお母さんがもう亡くなっていることを知らせる『悪役』を買ってでて、智恵は持ち前の母性で奈々璃を包んであげる。このゲームはとにかく大人の女性が魅力的だと思いますが(智恵、なずな先生、鹿央さん)それが最高に発揮されたシーンではないかと思います。

 ラストシーンは無事に成長して歳相応になった奈々璃にホッとしました。しかし、颯太の仲間たち、俊介以外は特に成績がいい描写はないのに、全員大学進学ですか……。意外とレベル高いのかな、颯太たちの学校。

 あと、『奈々璃』という名前の由来は『コードギアス』の『ナナリー』ですよね。漢字にしても、可愛い名前だと思います。

 次は最後に残った凛ルートを始めます。




2015年8月30日 (日)

[CLAMP] X 08巻 感想

clover 08巻でびっくりしたことといえば、CLAMP学園探偵団の3人が出てきたことでしょー。それと、大人になった昴流と星史郎の最初の戦いもあったりして、懐かしい作品の面々が登場しました。(今となっては『X』自体が懐かしいのですけど)

clover しかし、CLAMP学園探偵団……残と蘇芳は納得のいく成長ですが、玲は……いや、格好いいですけど……あんなにぷに可愛かったのに。すっかり男性の顔になって。昴流は、『東京BABYLON』当時で10代……16歳くらいとおもうんですけど、数年でこんなに変わるものかなー。『東京BABYLON』では女の子に間違われたりしていたのに。

clover こういう、別作品からのスピンアウト……というか、同じ世界観だったんですよ、みたいなのはすごく好きです。この『X』もそうですけど、スピンアウトだらけの作品といえば『ツバサクロニクル』もそうですよね。ヒット作の多いCLAMPさんだからできる力技です。

clover 昴流と星史郎の戦いのくだりは、『東京BABYLON』読んでないと分からない台詞が多いですけど……そんな読者はいない!という前提で描かれてるのかな。

clover 『xxxHOLiC』で、侑子さんが「知り合いに可愛い双子の陰陽師がいる」と言っていて、さらに木之本桜ちゃんのことも口にしているので、『X』の世界は『カードキャプターさくら』の世界ともつながってることになります。

clover 今回の巻末読み切りは哪吒。もともと女の子の身代わりとして作られたんですね、びっくり。生物学的に性別がないとはいえ、彼(?)は肩幅広くてどう見ても男性ですから。

2015年8月28日 (金)

[CLAMP] ちょびっツ 06巻感想

clover 『ちょびっツ』も最初の方は知ってるけど、ラストがどうなったかを知らない漫画の一つなので、黙々と読んでいます。Kindleペーパーホワイトで。画面は小さいけど、印刷(?)はペンのかすれまでくっきり! CLAMPの、というか、もこなさんの絵にはあまりかすれはないけど。

clover 06巻のトピックといえば、まずはチロルの店長さんと裕美ちゃんがくっついたことですね。素直におめでとうといえる。裕美ちゃんは『パソコン』という存在に完璧であるというイメージを抱いていて、人間である劣等感に悩まされていた。でも店長さんは「裕美ちゃんがパソコンでも人間でも、好きになっていた」と告白してめでたしです。

clover しかしこの、完璧で綺麗な『パソコン』に対して人間が劣等感を持つ……というのは、何となく『ファイブスター物語』でファティマに人間の女性が抱く劣等感と似てる気がするんです。『ファイブスター物語』といえば、ちぃがかつてエルダとして生まれたときに、身体中にタトゥーというか数字やバーコードみたいな記号がくっついていた様子が、ラキシスが最初に目覚めた時を思い起こさせます。

clover 店長さんの『パソコンにもできないことがある』という言葉が切なかった。「忘れてしまいたい記憶も消去されない限り忘れられないし、覚えておきたいことも消去されれば忘れてしまう」。

clover それから、ちぃがお給料で指輪をお揃いで買って、秀樹にプレゼントするシーンも印象的。自分の分の指輪はこっそり隠したちぃでしたが、ちぃの素直な性格でそういうことができるのかな?と思いました。秀樹に秘密を持つ、ということが……。この指輪は今後のポイントになりそうです。しかし秀樹、せっかく指輪もらったんだから指につけてあげなよ。恥ずかしくても。

clover ちぃを攫ったドラゴンフライ(ハンドル名)さん再登場です。実はこの人の見た目はけっこう好きだったり。髪ボサで眼鏡の人に弱いのです。うーん、でもお付き合いできるならやっぱり秀樹かな。秀樹はほんと優しくて頼もしいから。クセのある登場人物の多いCLAMP男性の中でも、お人好しさと誠実さでは群を抜いているような。

clover いま、『X』を平行して読んでいますけど、あっちにはあんまりお付き合いできる男性がいなくて……。あ、空汰! 彼なら大丈夫かも。

[天城小百合] 魔天道ソナタ 11巻感想

clover 今ごろ、なぜその漫画を……な感じの『魔天道ソナタ』を読んでいます。だって後半、よく覚えてないです。フィラとミカエルが仲良くケンカしながらコンビとして働いてるところくらいしか覚えてない。

clover 覚えてないといえば、リアルタイムで『プリンセス』連載を読んでいた頃は私は小学生だったわけですが、男同士なのにフィラがミカエルを好きであることには、あまり疑問を持ってなかった。別に腐小学生だったわけではなく、まあ、そんなこともあるだろう……と鷹揚にとらえていた気がします。そういえば『エロイカより愛をこめて』の少佐と伯爵の関係にもあまり違和感を感じていなかったな。

clover で、11巻の感想です。小学生の頃覚えていた『ミカエルとフィラのコンビ関係』が解消されてしまうお話。智天使だったミカエルが熾天使に昇格して、それにともなって協力者(レアン)関係も……。あれ、こういう展開どっかで見たような、と思ったら、高河ゆんさんの『アーシアン』に似た展開がありましたね。

clover 当然のようにフィラはショックを受けますが、性格のいいフィラのこと、笑顔でミカエルの昇格を祝福します。小さい頃はあまり感じていなかったけど、フィラって理想の彼氏ですね。ミカエルにしっかり惚れていて、でもミカエルを束縛しない……。今で言う『ツンデレ(デレない)』のミカエルにさんざん殴られてもめげないし。

clover その一方で、フィラと寮で同室の悪魔・ベルゼにも運命の変化が。親の形見として持っていた大事なペンダントが、魔界の長・サタンに刃向かったベールの紋章のものだ、と分かってしまいます。ベルゼって単なるいい人脇役かと思っていたので、ここにきてのスポットライトにびっくり。

clover ラストがどうであったか確かめるために、このままあと9冊、読みます。

«[CLAMP] X 07巻 感想(ネタばれあり)