トップページ | 2016年2月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

[CLAMP] X 08巻 感想

clover 08巻でびっくりしたことといえば、CLAMP学園探偵団の3人が出てきたことでしょー。それと、大人になった昴流と星史郎の最初の戦いもあったりして、懐かしい作品の面々が登場しました。(今となっては『X』自体が懐かしいのですけど)

clover しかし、CLAMP学園探偵団……残と蘇芳は納得のいく成長ですが、玲は……いや、格好いいですけど……あんなにぷに可愛かったのに。すっかり男性の顔になって。昴流は、『東京BABYLON』当時で10代……16歳くらいとおもうんですけど、数年でこんなに変わるものかなー。『東京BABYLON』では女の子に間違われたりしていたのに。

clover こういう、別作品からのスピンアウト……というか、同じ世界観だったんですよ、みたいなのはすごく好きです。この『X』もそうですけど、スピンアウトだらけの作品といえば『ツバサクロニクル』もそうですよね。ヒット作の多いCLAMPさんだからできる力技です。

clover 昴流と星史郎の戦いのくだりは、『東京BABYLON』読んでないと分からない台詞が多いですけど……そんな読者はいない!という前提で描かれてるのかな。

clover 『xxxHOLiC』で、侑子さんが「知り合いに可愛い双子の陰陽師がいる」と言っていて、さらに木之本桜ちゃんのことも口にしているので、『X』の世界は『カードキャプターさくら』の世界ともつながってることになります。

clover 今回の巻末読み切りは哪吒。もともと女の子の身代わりとして作られたんですね、びっくり。生物学的に性別がないとはいえ、彼(?)は肩幅広くてどう見ても男性ですから。

2015年8月28日 (金)

[CLAMP] ちょびっツ 06巻感想

clover 『ちょびっツ』も最初の方は知ってるけど、ラストがどうなったかを知らない漫画の一つなので、黙々と読んでいます。Kindleペーパーホワイトで。画面は小さいけど、印刷(?)はペンのかすれまでくっきり! CLAMPの、というか、もこなさんの絵にはあまりかすれはないけど。

clover 06巻のトピックといえば、まずはチロルの店長さんと裕美ちゃんがくっついたことですね。素直におめでとうといえる。裕美ちゃんは『パソコン』という存在に完璧であるというイメージを抱いていて、人間である劣等感に悩まされていた。でも店長さんは「裕美ちゃんがパソコンでも人間でも、好きになっていた」と告白してめでたしです。

clover しかしこの、完璧で綺麗な『パソコン』に対して人間が劣等感を持つ……というのは、何となく『ファイブスター物語』でファティマに人間の女性が抱く劣等感と似てる気がするんです。『ファイブスター物語』といえば、ちぃがかつてエルダとして生まれたときに、身体中にタトゥーというか数字やバーコードみたいな記号がくっついていた様子が、ラキシスが最初に目覚めた時を思い起こさせます。

clover 店長さんの『パソコンにもできないことがある』という言葉が切なかった。「忘れてしまいたい記憶も消去されない限り忘れられないし、覚えておきたいことも消去されれば忘れてしまう」。

clover それから、ちぃがお給料で指輪をお揃いで買って、秀樹にプレゼントするシーンも印象的。自分の分の指輪はこっそり隠したちぃでしたが、ちぃの素直な性格でそういうことができるのかな?と思いました。秀樹に秘密を持つ、ということが……。この指輪は今後のポイントになりそうです。しかし秀樹、せっかく指輪もらったんだから指につけてあげなよ。恥ずかしくても。

clover ちぃを攫ったドラゴンフライ(ハンドル名)さん再登場です。実はこの人の見た目はけっこう好きだったり。髪ボサで眼鏡の人に弱いのです。うーん、でもお付き合いできるならやっぱり秀樹かな。秀樹はほんと優しくて頼もしいから。クセのある登場人物の多いCLAMP男性の中でも、お人好しさと誠実さでは群を抜いているような。

clover いま、『X』を平行して読んでいますけど、あっちにはあんまりお付き合いできる男性がいなくて……。あ、空汰! 彼なら大丈夫かも。

[天城小百合] 魔天道ソナタ 11巻感想

clover 今ごろ、なぜその漫画を……な感じの『魔天道ソナタ』を読んでいます。だって後半、よく覚えてないです。フィラとミカエルが仲良くケンカしながらコンビとして働いてるところくらいしか覚えてない。

clover 覚えてないといえば、リアルタイムで『プリンセス』連載を読んでいた頃は私は小学生だったわけですが、男同士なのにフィラがミカエルを好きであることには、あまり疑問を持ってなかった。別に腐小学生だったわけではなく、まあ、そんなこともあるだろう……と鷹揚にとらえていた気がします。そういえば『エロイカより愛をこめて』の少佐と伯爵の関係にもあまり違和感を感じていなかったな。

clover で、11巻の感想です。小学生の頃覚えていた『ミカエルとフィラのコンビ関係』が解消されてしまうお話。智天使だったミカエルが熾天使に昇格して、それにともなって協力者(レアン)関係も……。あれ、こういう展開どっかで見たような、と思ったら、高河ゆんさんの『アーシアン』に似た展開がありましたね。

clover 当然のようにフィラはショックを受けますが、性格のいいフィラのこと、笑顔でミカエルの昇格を祝福します。小さい頃はあまり感じていなかったけど、フィラって理想の彼氏ですね。ミカエルにしっかり惚れていて、でもミカエルを束縛しない……。今で言う『ツンデレ(デレない)』のミカエルにさんざん殴られてもめげないし。

clover その一方で、フィラと寮で同室の悪魔・ベルゼにも運命の変化が。親の形見として持っていた大事なペンダントが、魔界の長・サタンに刃向かったベールの紋章のものだ、と分かってしまいます。ベルゼって単なるいい人脇役かと思っていたので、ここにきてのスポットライトにびっくり。

clover ラストがどうであったか確かめるために、このままあと9冊、読みます。

2015年8月27日 (木)

[CLAMP] X 07巻 感想(ネタばれあり)

clover 今、KindleペーパーホワイトでCLAMP作品を読み返しています。Kindleペーパーホワイト、画面はちっちゃいのですが、文字も絵の細部もくっきりしていて、意外と漫画を読むのに向いています。

clover というわけで『X』を今ごろ初読み中。『東京BABYLON』『聖伝』はリアルタイムで読んでいたのですが、『X』は手を出していませんでした。映画版はレンタルで観ましたが……。TVアニメ版も見ていないので、どういう風にお話が進んでいくのかはまったく分からない状態です。

clover 07巻まで読んで、「同じシーンの繰り返しが多い!」というのが第一感想。『封真が奇妙な精神状態になって神威に「俺はお前の……」という』『小鳥が「地球が壊れる」悪夢を見る』『登場人物たちが、神威が二人いるシーンや天使の羽と悪魔の翼を持っている神威を幻視する』←これの繰り返しの合間に、少しずつ話が進んでいく感じです。

clover 封真が繰り返し神威に『俺はお前の……』と言いかけるシーン、どこかで覚えがあるなと思ったら、『CCさくら』で桃矢が雪兎に『俺はお前が……』と何度も言いかける、というのと似てるんですね。どっちも「恋の告白?」と思わせておいて、結局色気のない結論、というのも共通しています。

clover 07巻ですが……小鳥が壊れてしまった。この子はほんとうにいい子なのに、過酷な運命を背負わされて気の毒です。牙暁が「君はもう目覚めない」と小鳥の夢の中で言った、ということは、あの可愛くてわたわたしている小鳥はもう出番なしですか。

clover それなりに自分の運命を把握している『七つの封印』『七人の御使い』の面々はまだしも、小鳥は根っからの一般人として生きてきたので、地球の最後だか何だかに巻き込まれるのは納得いかない……。

clover 今回、庚が丁に「何のために丁に対向するかというと、それは丁のため……」ということを初めてほのめかしました。映画版ではそれがラストシーンだった気がします。紗鵺さんの最愛の人も斗織さんだったし、大川七瀬さんはユリ関係はばんばん使ってくるな。男同士の恋愛は、あまり実らない感じのCLAMPさんです。(『東京BABYLON』のラストにかけては、当時ショックだったー)

clover 巻末おまけ漫画は颯姫の日常。美少女だけど地味っ子なのかと思っていたら、意外にも女子校で憧れの的になっている『格好いい八頭司先輩』なのでした。クールでかっこいい颯姫=五十嵐さつきさんなんでしょうね、やっぱり。

ネット通販でも青木まりこ現象

clover 『青木まりこ現象』って、もう相当有名だから説明の必要もないと思うけれど、いわゆる本屋さんに行くとトイレに行きたくなる現象です。Wikipediaにも項目があるけど……原因はまだコレと決まったものはないみたいです。

clover でも『本の匂い』説や『本棚の圧迫感』説、『ここではトイレに行けないという緊張感』説は違うと思うんだなー。なぜなら、私自身の話ですが、Amazonで本を選んでいる時にもトイレ行きたくなりますもの。もちろん自分の部屋でネットしている時で、トイレはすぐそばにあります。

clover Wikipediaに載っている中では『情報の洪水による緊張感』説が真実に近いのでは、と考えています。一種の過敏性腸症候群だ、というのも当たっていると思います。

clover 長々とトイレの話で恐縮ですが、私はネットでカフェの情報を調べている時にもトイレ行きたくなります。特に、家の側など行ける範囲に素敵なカフェの情報を見つけると、てきめんにお腹に来ます。詳しい住所やメニュー等を調べると、もう我慢できないっていうか。

clover 『青木まりこ現象』は本好きな人しか起こさない、というのも、本が好きな人は、本屋さんに入ると好きな情報がいっぺんに入ってきて、脳が興奮するというか緊張するのでは。それで、私は本もカフェも好きだから、Amazonで本を選んでも、食べログなどでカフェを調べても、いい感じに脳が緊張して……トイレに……。

clover あと私は雑貨屋さんや文具屋さんでも青木まりこ現象を起こします。しかし洋服屋さんでは全く起こしません。ネット通販のファッションサイトでも平気です。これは……私があんまりお洒落ではないから、なんだろうな。腸の弱い人でお洒落さんだったら、素敵な洋服屋さんや服の通販サイトで青木まりこ現象を起こす……はず。

2015年8月26日 (水)

無収入でペット可の賃貸探し

clover 42歳にして親元を離れることにしたわけですけど、物件探しが難しかった! 40代で無収入、しかもペット可の物件なんてそうそうないです。

clover 最初は「どの辺に住もうかな?」なーんてのんびりとSUUMOなど眺めてたわけですが、「無収入」「賃貸探し」で検索したら、ヤフー知恵袋から教えてGooから、厳しい大家さんの言葉がいっぱい……。「うちは無収入の人はどんなに貯金があっても入居させませんね」のような回答をたっぷり読んで、冷や汗がだらだらでした。

clover たしかに無収入の人はトラブルを起こしやすいだろうし、何より家賃が振り込まれない危険が高いだろうし……。じゃあどうすればいいのか、ということをさらに検索すると、『全国フランチャイズとか駅前とかの大きな不動産屋さんではなく、地元密着型の、相談を聞いてくれるお店を探す。フランチャイズ店は賃貸契約のマニュアルがあるので、まずOKしてくれない』というアドバイスが。

clover 『熊本 不動産』などのキーワードで、フランチャイズじゃないお店のサイトを探しまわると……『うちはペット可物件に強いです。その他条件もご相談ください』という頼もしいキャッチコピーのお店を発見。一も二もなく電話をかけました。

clover 幸い担当の方もとても優しいかたで、言葉もやわらかく、こちらの(悪)条件を説明すると、それでもOK、という物件をいくつか提示してくださいました。他の不動産ショップもあたろうかと思ったのですが、やはりご縁だから、ということで物件を見学しに行き、母を連帯保証人として契約となりました。

clover 今はお引越しの日取りも決まり、不安もあるけど、冒険するようなどきどきする気持ち。でも『無収入の人の賃貸探しはとても厳しい』ということはネットを通して身にしみました。ニートの人やひきこもりの人、主婦で離婚して家を出るひとなどの独立はほんとに大変なんですね……。私はラッキーでした。

clover 上記の条件で賃貸のお部屋を探している人、あきらめずに『地元密着型』の不動産業者さんを探してみてください。

clover あっ、それと『ペット可』物件でも猫はダメ、というところがわりとあって驚きました。小型犬OK、な物件がいちばん多い。猫は壁で爪を研ぐから、不可だったり礼金を倍とられたりするところが在るのかな。

うつ病と微熱

clover うつ病、といえば『やる気がでない』とか、『不安になる』『落ち込む』が主な症状ですが……20年のうつ病生活で、かなり精神的には持ち直してきました。

 

 

 

clover その代わりのように出ているのが微熱です。37.0~37.5℃くらいの熱がほぼ毎日、時間を問わずに出ています。母なんかは「それがあなたの平熱になったんじゃないの?」と言いますが、ちゃんと36.5℃になる時もあるし、そういう時にはやっぱり身体が楽なんです。

 

 

 

clover うつ病になるとセロトニンという物質が分泌されなくなって、体温調節機能が落ちる、とネットには書いてありました。微熱と頭痛が続くと、何かをしたくてもだるくて身体が動かなくて……これじゃ精神的に落ち込んでいたころと、行動は大して変わらないじゃないかっ、と思ってしまいます。

 

 

 

clover 病院でロキソニンを一日2錠いただいているので、下げようと思えば熱は下がるのですが、薬が切れるとすぐ微熱は復活するし、連日ロキソニンは胃が辛いです。風邪をひいている時だけロキソニン、なら平気なんですけど、あれは毎日飲む薬じゃないです。

 

 

 

clover じゃあセロトニンはどうやったら分泌されるの?と検索すると、よく眠ることと太陽の光にあたること……。それができないからひきこもりなんです。いや、ひきこもりだからそれができないんです?

 

 

 

clover 引っ越しして環境が変わったら、昼間に買い物をしに行くようにして、太陽にいっぱいあたろう。今の家でもできなくもないけど、コンビニが近すぎる場所なのでたいして歩いてないのです。

もうすぐ引っ越し

clover 大学を2回生で中退してから、22年間ひきこもり生活を送ってきました。友だちも誰とも連絡を取らずに……。本とPCだけが楽しみの孤独な日々でした。

clover 最初の7~8年はうつ症状も不眠もひどくて、今思うと「ええっ、こんな強い薬を飲んでたの?」と自分で言いたくなるような強烈な抗不安薬と睡眠薬を飲んでいました。その頃の記憶はほとんどありません。一日ぼーっと過ごして、お風呂にもあまり入らない、外出もしない。完全に親に頼りきりの生活。

clover 一生、このままなのかな、と思っていた上に、『成人スティル病』(膠原病の一種)という毎日高熱が出る病気にかかってしまったり。ステロイド治療をして、身体も弱って、半分寝たきりになって……。

clover でも、薄紙を剥ぐように、抗精神病薬も減り、成人スティル病のステロイド治療も終わって、睡眠薬もしだいしだいに弱いものに変わっていきました。働くことはまだまだ無理ですが、外に出られるようになるかもしれない。

clover そんな時に、ずっと頼りにしていた精神科の主治医の先生が、まだお若いのに亡くなってしまいました。ものすごくショックを受けました。「桜草さんは僕がずっとサポートするから。ご両親が亡くなっても、僕たちが支えるから暮らしていけるよ」と優しい言葉をかけてくださっていた先生が、年老いた両親よりも先に亡くなるなんて。

clover しばらくは呆然として過ごしました。でも、思い立ったんです。「今が、親元から離れる時期なのかもしれない」……。

clover 資金は両親に援助してもらう、という恥ずかしい状態ですが、大学生だった頃以来の一人暮らしを始めることにしました。私が育てている猫一匹と一緒に。

clover あと20日ほどでお引越しです。一人で暮らして、外の風に当たって、心身ともに健康になりたいな、とそう思っています。この20年、外出なんて近所のコンビニくらいしか行けなかったけど、これからは全部自分でやるんです。気負わず、ゆっくりと回復していきたいと、願っています。

clover そういう生活の日記を綴っていこうと思います。時には本やゲームの感想なども混ざるかもしれません。どうぞよろしくお願いします。

 

トップページ | 2016年2月 »