カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の2件の記事

2015年8月26日 (水)

無収入でペット可の賃貸探し

clover 42歳にして親元を離れることにしたわけですけど、物件探しが難しかった! 40代で無収入、しかもペット可の物件なんてそうそうないです。

clover 最初は「どの辺に住もうかな?」なーんてのんびりとSUUMOなど眺めてたわけですが、「無収入」「賃貸探し」で検索したら、ヤフー知恵袋から教えてGooから、厳しい大家さんの言葉がいっぱい……。「うちは無収入の人はどんなに貯金があっても入居させませんね」のような回答をたっぷり読んで、冷や汗がだらだらでした。

clover たしかに無収入の人はトラブルを起こしやすいだろうし、何より家賃が振り込まれない危険が高いだろうし……。じゃあどうすればいいのか、ということをさらに検索すると、『全国フランチャイズとか駅前とかの大きな不動産屋さんではなく、地元密着型の、相談を聞いてくれるお店を探す。フランチャイズ店は賃貸契約のマニュアルがあるので、まずOKしてくれない』というアドバイスが。

clover 『熊本 不動産』などのキーワードで、フランチャイズじゃないお店のサイトを探しまわると……『うちはペット可物件に強いです。その他条件もご相談ください』という頼もしいキャッチコピーのお店を発見。一も二もなく電話をかけました。

clover 幸い担当の方もとても優しいかたで、言葉もやわらかく、こちらの(悪)条件を説明すると、それでもOK、という物件をいくつか提示してくださいました。他の不動産ショップもあたろうかと思ったのですが、やはりご縁だから、ということで物件を見学しに行き、母を連帯保証人として契約となりました。

clover 今はお引越しの日取りも決まり、不安もあるけど、冒険するようなどきどきする気持ち。でも『無収入の人の賃貸探しはとても厳しい』ということはネットを通して身にしみました。ニートの人やひきこもりの人、主婦で離婚して家を出るひとなどの独立はほんとに大変なんですね……。私はラッキーでした。

clover 上記の条件で賃貸のお部屋を探している人、あきらめずに『地元密着型』の不動産業者さんを探してみてください。

clover あっ、それと『ペット可』物件でも猫はダメ、というところがわりとあって驚きました。小型犬OK、な物件がいちばん多い。猫は壁で爪を研ぐから、不可だったり礼金を倍とられたりするところが在るのかな。

もうすぐ引っ越し

clover 大学を2回生で中退してから、22年間ひきこもり生活を送ってきました。友だちも誰とも連絡を取らずに……。本とPCだけが楽しみの孤独な日々でした。

clover 最初の7~8年はうつ症状も不眠もひどくて、今思うと「ええっ、こんな強い薬を飲んでたの?」と自分で言いたくなるような強烈な抗不安薬と睡眠薬を飲んでいました。その頃の記憶はほとんどありません。一日ぼーっと過ごして、お風呂にもあまり入らない、外出もしない。完全に親に頼りきりの生活。

clover 一生、このままなのかな、と思っていた上に、『成人スティル病』(膠原病の一種)という毎日高熱が出る病気にかかってしまったり。ステロイド治療をして、身体も弱って、半分寝たきりになって……。

clover でも、薄紙を剥ぐように、抗精神病薬も減り、成人スティル病のステロイド治療も終わって、睡眠薬もしだいしだいに弱いものに変わっていきました。働くことはまだまだ無理ですが、外に出られるようになるかもしれない。

clover そんな時に、ずっと頼りにしていた精神科の主治医の先生が、まだお若いのに亡くなってしまいました。ものすごくショックを受けました。「桜草さんは僕がずっとサポートするから。ご両親が亡くなっても、僕たちが支えるから暮らしていけるよ」と優しい言葉をかけてくださっていた先生が、年老いた両親よりも先に亡くなるなんて。

clover しばらくは呆然として過ごしました。でも、思い立ったんです。「今が、親元から離れる時期なのかもしれない」……。

clover 資金は両親に援助してもらう、という恥ずかしい状態ですが、大学生だった頃以来の一人暮らしを始めることにしました。私が育てている猫一匹と一緒に。

clover あと20日ほどでお引越しです。一人で暮らして、外の風に当たって、心身ともに健康になりたいな、とそう思っています。この20年、外出なんて近所のコンビニくらいしか行けなかったけど、これからは全部自分でやるんです。気負わず、ゆっくりと回復していきたいと、願っています。

clover そういう生活の日記を綴っていこうと思います。時には本やゲームの感想なども混ざるかもしれません。どうぞよろしくお願いします。